日報を活用した採算管理により、働き方改革に繋げる! 利益の見える化を実現するクラウド採算管理ソフト「Pace」をリリース

株式会社リーピー(本社:岐阜市/代表取締役:川口 聡/以下、当社)は、令和元年10月2日より、
管理会計の考え方を用いた、日報を活用し、リアルタイムで採算状況を把握できる採算管理ソフト・Pace(ペース)をリリースいたしました。
当サービスは、30日間の無料トライアル期間も設けております。

■サービス提供開始の経緯
Pace(ペース)は日報を活用することで、案件ごとの作業時間、営業利益などの情報をリアルタイムで把握でき、集計されたデータによる様々な収益性分析や契約単位での案件情報管理ができる採算管理ソフトです。
当社では、Paceの構想に繋がる採算管理をExcelで行っていました。 それにより、残業・徹夜のイメージを持たれがちなWeb制作会社にしては珍しく、地元自治体からのホワイト企業認定を受けることができ、離職率低減や採用力UPに繋がっています。その採算管理のノウハウをシステム化したものが、このクラウド採算管理ソフト「Pace」です。
昨今の働き方改革の中で、中小企業は2019年4月1日より有給休暇年5日取得の義務化、2020年4月1日より時間外労働の上限が施行されます。そのような中、働き方を変えていくためには、従業員1人1人が「今取り組んでいる仕事の採算」を意識した行動を取ることが重要だと考えます。日々の行動が変わり、全社的な採算が良くなっていくことで、もっとゆとりのある働き方に変えたとしても、これまで以上に利益を出せる組織が出来上がっていくはずです。わたし達は「Pace」を通じて、働き方を変えるお手伝いをしたいと考えています。

■サービス紹介特設サイト
https://paces.jp/

■クラウド採算管理ソフト「Pace(ペース)」の特長
・自由記述の日報と違い、各案件に正確に紐づく日報を作成することができる
・案件の利益、原価を登録でき、日報に記入された工数が消費工数として自動で計算される
・案件別や案件区分別に利益率などを分析する機能があり、案件ごとの正確な採算状況を把握できる
・契約書単位で案件管理できるため、二重請求や請求漏れなどの請求ミスを防げる
・定額請求機能で、毎月の請求も漏れなく対応できる
・5メンバー以上は1メンバーあたり月500円という低価格帯で利用できる
・1名単位での追加も可能であるため、会社の成長に合わせて利用できる
・30日間の無料トライアルも設けているため、導入のハードルが低い
・スマートフォンから閲覧した際は、自動的に見やすいデザインに切り替わるレスポンシブ機能を導入しており、外出先でもパソコンを開かず確認できる

[提供会社について]
株式会社リーピー 設立:2013年10月 HP:https://leapy.jp/
事業内容:Webサービス事業、Webプロデュース事業(ホームページ制作、Webプロモーション 他)
※取引社数は創業から6年で370社を超えております。
※岐阜県ワークライフバランス推進エクセレント企業・認定企業

[本件に関するお問い合わせ]
広報担当:石川まひろ/E-mail:pr@leapy.jp
電話:058-215-0066/FAX:058-215-0067/住所:〒500-8891 岐阜県岐阜市香蘭3丁目7番地