東南アジア市場への越境ECをテーマにしたセミナー”NEXT WAVE 2015”を開催

東南アジアへの日系企業の進出を支援するソーシャルエージェント株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役CEO: 鹿島 功敬)は、東南アジア市場への越境ECをテーマにしたセミナー”NEXTWAVE2015”を2015年11月25日に都内で開催します。

“Made in Japan” 商品の需要が高まるなか、多くのEC事業者が海外への販売をはじめています。これら、いわゆる“越境EC”の殆どは中国・欧米を対象にしたものですが、「NEXT WAVE 2015」と題した本セミナーでは成長著しい“東南アジア”への越境ECを取り上げます。近年、所得が大きく拡大し、何よりも親日エリアである東南アジアは、世界中のどのエリアよりも“Japan”ブランドが強いエリアです。しかしながら、Made in Japan 商材の需要が高いいっぽう、まだまだ日本製品の流通は進んでおらず、需要と供給のバランスが一致していないのが実情であり、これは大きなビジネスチャンスでしょう。

本セミナーでは成長する東南アジアのEC市場全体を俯瞰した上で、本市場でのビジネスへ精通したキープレイヤー各社から市場状況・トレンド・サービスなどを紹介します。これらを通じ、東南アジアのEC市場へ参入するための基礎知識・ノウハウ・知見を得たうえで実践に繋げることが本セミナーの目的です。

■セミナー開催概要
<開催日程>
2015年11月25日(水)14:00~17:30(13:30受付開始)

<会場>
NATULUCK茅場町新館 (東京都中央区日本橋 兜町第3ビル12-7)

<定員>
先着50名 受講料無料
※本セミナーの対象はEC事業者です。同業者や情報収集目的の参加をお断りする場合がございます。

<主催>
ソーシャルエージェント株式会社、CashReap SDN BHD

<セミナー申込先>
http://www.ecport-my.com/#!seminar11/gczoc



■セミナープログラム

● 第一部(14:00 - 14:30)
「越境ECのトレンドと関連市場動向」 
株式会社 日本流通産業新聞社 企画事業部 記者 徳永良司氏 

EC市場に特化した専門誌である”日本ネット経済新聞”を発行する同社より、成長する越境EC市場のトレンド・実情に加え、EC事業者が越境ECに取り組むにあたり直面する課題や成功企業が実践する取り組みなどについて講演を行います。

● 第二部(14:30 - 15:15)
「東南アジア市場におけるMade in Japanのトレンドとマーケティング手法」
株式会社 MATCHA 代表取締役 青木優氏

Made in Japanに対する注目がますます高まるなか、訪日外国人へ向けたジャパンコンテンツを配信するメディアを運営する同社より、外国人が求める日本のコンテンツやトレンド、人気の商材についてお話を頂きます。

● 第三部(15:30 - 16:30)
「東南アジアへの越境ECプラットフォーム”EC-PORT”のご紹介」
Cash Reap SDN BHD CEO & Founder 鹿島功敬

越境ECプラットフォーム“EC-PORT”の紹介を通じ、東南アジア各国のEC市場、決済や物流といったインフラ状況、 売れ筋製品を取り上げてゆきます。併せて、海外販売における有効な決済ソリューションのご紹介を併せて行います。

■ ワークショップ(16:40 - 17:30 ※入退場自由)

セミナー終了後、各社のブース上で商談や情報交換を行う機会を準備しました。より具体的な質問やご相談をして頂くことが可能です。奮ってご参加ください。



▼▼本セミナーの詳細情報・申込サイト
http://www.ecport-my.com/#!seminar11/gczoc

< 本件に関するお問い合わせ先 >
ソーシャルエージェント株式会社(www.social-agt.com) info@social-agt.com